CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ!1万8千円のクロスバイクの実力は?

CREAM CROSS(クリームクロス)という自転車。

1万8千円とは思えないデザインで、上品で高級感がありますねえ。

でもなぜこんなに安いのか?

品質が気になる人のために、詳細を詳しく確認してみました。

実物を見た感想

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

まず細かい話をする前に、全体的な感想からお話しします。

CREAM CROSS(クリームクロス)の実物は、写真で見る以上に綺麗な色をしていますよ。

優しい白と、シンプルなブラックパーツ。

変に派手すぎず、大人っぽい落ち着いた雰囲気がありました。

見た目だけの印象で言うなら、とても2万円以下の自転車には見えません。

ではなぜ安いのか?

大きな理由を発見しました。

安い理由は軽さ

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

スポーツタイプの自転車が高いのは、軽さと丈夫さを両立するのが難しいからです。

その点、CREAM CROSS(クリームクロス)は軽量化を重視していません。

車体重量は20kg。

ママチャリと変わらない程度の重さでした。

フレームもスチールですし、クロスバイクというよりママチャリをスポーツ仕様にカスタマイズした自転車というほうが良いでしょう。

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

でも、ガッカリする必要はありません。

確かに純粋なクロスバイクのような軽快さはありませんが、快適性と丈夫さでは負けません。

普通のママチャリと比べれば、こぎやすいですしね。

おそらく開発者は、街なかでの普段乗りを意識して設計したのでしょう。

軽量化だけを追求した自転車よりも使い勝手が良いポイントがたくさん見つかりました。

太めのタイヤで耐パンクチューブ装備

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

使い勝手が良いポイントの1つ目は、太めのタイヤです。

タイヤは700x32c。

クロスバイクとして考えると、かなり太めのタイヤを装備しています。

太めのタイヤの良いところは、乗り心地がよくなること。

振動を吸収してくれるので体の負担が減るのです。

外側だけでなく、中身も一味違います。

タイヤチューブの厚さが、平均的なものと比べて1.5倍ほど分厚くなっています。

いわゆる「耐パンクチューブ」ですね。

ホイールも丈夫なものを使っていますし、空気さえ入れていれば変なところを走らない限り安心です。

どんな良い自転車でも、パンクしたら台無し。

CREAM CROSS(クリームクロス)は毎日安心して乗るために、足回りを頑丈にしてくれていました。

サドルの座り心地が意外と良い

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

CREAM CROSS(クリームクロス)で意外と良かったのがサドルです。

普通、安いスポーツタイプの自転車はサドルが固いことが多いのですが…これは大丈夫でした。

見た目以上にクッション性があるのでしょう。

優しい座り心地でした。

太いタイヤに加えて、このサドル。

乗り心地の改善に力を入れていることがよく分かりました。

毎日乗るなら、快適に乗れたほうが嬉しいですからね。

裾を巻き込まないチェーンカバー

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

CREAM CROSS(クリームクロス)は、かなり気が利く自転車です。

チェーンカバーもその1つ。

裾が巻き込まれて汚れないように、しっかりしたカバーが着いています。

軽量化だけを追い求めた自転車の場合、このような配慮はありません。

日常生活で乗ることを想定している自転車だからこそ、きっちりしているのでしょう。

ママチャリの良さをしっかり残しています。

最近はこのように、ママチャリ要素を残した通勤専用自転車が増えてきています。

同じ価格帯ならCHRYS(クライス)もおすすめです。

趣味・スポーツ用の自転車とは一味違う魅力がありますね。

ライトはオプションも検討して

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

最後に一つだけ、注意点があります。

CREAM CROSS(クリームクロス)のライトは、標準ではダイナモ式ライトです。

あまり夜に乗らないなら良いのですが、そうでないならオプションでオートライトに替えたほうが良いです。

オートライトのほうが楽ですよ。

サイクルベースあさひの場合、同時購入すればライトの取り付け工賃が無料になります。

【詳細はこちらから】