クロスバイクFERIADO(フェリアード)のレビュー・口コミ!cyma primerと比較してみた

cymaで売られているクロスバイク、FERIADO(フェリアード)。

シンプルで癖のないデザインですねえ。

実際の乗り心地や性能はどうなのか?

今回は分かりやすくお伝えするため、cyma primerと比較しながらお話しします。

重さに違いはある?

FERIADO(フェリアード) のレビュー

クロスバイクの大事な要素と言えば、車体重量です。

重さを確認してみましょう。

FERIADO:12kg

cyma primer:12.7kg

ややFERIADOのほうが軽いですね。

どちらも3万円前後で12kg台なのは驚異的。

さすがはオリジナルブランドの自転車といったところでしょうか。

本来、このぐらいの車体重量なら5万円以上するのが普通です。

重さだけで言えば2万円ぐらいお得感があります。

ちなみにママチャリの車体重量は20kg前後。

この価格帯のクロスバイクを買う人は、ママチャリから乗り換える人も多いはず。

ママチャリから乗り換えると、かなり軽く感じますよ。

スピードはどっちが出る?

自転車FERIADO(フェリアード)のレビュー・口コミ

次はスピードを見ていきましょう。

FERIADO(フェリアード)とcyma primerを比べると、最高速度ではあまり差はないはずです。

どちらも7段階変速。

車体重量もギア比も差がありません。

ほとんど差はないのですが、あえて言うなら…街なかでスピードを出して走りやすいのはFERIADO(フェリアード)だと思います。

道路

理由は2つ。

・FERIADOのほうがタイヤが細い

・FERIADOのキャリパーブレーキ

cyma primerのタイヤは700×40C。

一方のFERIADOのタイヤは700×28Cです。

cyma primerのタイヤの太いタイヤは乗り心地が向上しますが、細いタイヤに比べて漕ぎ出しが重くなります。

街なかでは信号などで止まる機会がたくさんありますよね。

停止した状態から加速する場合、FERIADOのほうがトップスピードに到達するのが早いはずです。

道路

そして、ブレーキの違い。

スピードを出しているときは、FERIADOのキャリパーブレーキが本領を発揮します。

キャリパーブレーキは、高速走行時に微妙なスピードコントロールが得意。

cyma primerのVブレーキは悪条件でもよく止まるブレーキ。

タイムで競うなら、キャリパーブレーキのほうが有利です。

FERIADO(フェリアード)のレビュー

ただし、街なかで全力で漕ぐ機会はそんなにありません。

実質的には、ほとんど差はでないでしょう。

本当にスピードを求めるなら、高級なロードバイクを買うことをおすすめします。

乗り心地は違うの?

FERIADO(フェリアード)の口コミ

最後に、乗り心地の違いについてお話します。

どちらも快適に乗れるのですが、乗り比べると違いがあります。

FERIADO:加速が速く軽快に走れる

cyma primer:振動が伝わりにくく快適に乗れる

FERIADOは軽い走り心地。

cyma primerは優しい走り心地。

乗り心地については好みの問題ですが、軽快に走りたい人はFERIADOのほうが気に入るかもしれません。

とはいえ、どっちを選んでもママチャリから乗り換える人は感動するはずです。

スイスイ進める楽しさを味わえますよ。

>>詳細はこちらから