Cream Cityの口コミ・評判【安くて乗り心地が良いママチャリ】

Cream Cityの口コミ・評判

Cream Cityという自転車。

綺麗で落ち着いたデザインがいいですねえ。

最近、サイクルベースあさひの売れ筋ランキングで上位に来ています。

何がそんなに良いのか?

買った人の口コミを聞いて分かったことや、実物に乗ってみた感想をお話します。

大きなサドルで乗り心地が良い

Cream Cityの口コミ・評判

まず買った人にインタビューして分かったことは、座りやすさが好評なこと。

サドルが大きめで、柔らかすぎず固すぎず。

お尻をちょうどいい感じで受け止めてくれるので、非常に落ち着きます。

安いだけのママチャリだとサドルがイマイチということが多いのですが、Cream Cityは心配無用のようです。

白黒なのに目立つ存在感

Cream Cityの口コミ・評判

スーパーの駐輪場に停めたCream Cityを見て、気づいたことがあります。

色は白と黒だけしか使っていないのに、目立つのです。

存在感があります。

不思議に思ったのですが、理由が分かりました。

白にも色々あるのです。

Cream Cityの白は、ほんのり乳白色。

写真で見ると分かりにくいのですが、高級感のある白です。

安っぽい白のママチャリと並ぶと、違いがよく分かります。

車体の重さはどうか?

Cream Cityの口コミ・評判

自転車にとって重さは重要な要素。

確認してみると、変速なしタイプで18.5kgでした。

ママチャリの平均は20kg前後なので、重さは平均的な範囲内です。

実際に乗ってみると、イメージ通りの乗り心地。

特別に軽いという感じはありませんが、ママチャリらしい走り心地です。

大きめのサドルのおかげで姿勢が安定するので、乗りやすさでは安物のママチャリ以上のものを持っています。

外装6段変速かシングルギアか

Cream Cityの口コミ・評判

Cream Cityは6段変速タイプと、シングルギアの2種類があります。

どちらにするか迷っている人もと思います。

本来、近所に坂道がほとんどないなら変速なしでも十分です。

でも、ちょっと待ってください。

6段変速タイプとなしでは、ブレーキやチェーンの質が全然違います。

変速なしよりも6段変速タイプのほうが、良い物を使っているのです。

ブレーキに意外なこだわり

Cream Cityの口コミ・評判

6段変速Cream Cityのブレーキは、前後で違うものを使用しています。

前:キャリパーブレーキ

後:ローラーブレーキ

前輪側のキャリパーブレーキは、緩やかに減速するためのもの。

制動力は弱めですが、スピードが出ているときでもタイヤをロックしにくいので安全に減速できます。

後ろのブレーキは、ローラーブレーキ。

このブレーキの特徴は、静かで長寿命なこと。

雨に強くて長期間メンテナンスしなくてもいいので、ちょっと高級なママチャリが採用していることが多いです。

Cream Cityはこの2つのブレーキのおかげで、何も考えずにブレーキをかけても平気。

スムーズに走れます。

ちなみに、変速なしの場合は後ろブレーキが普通のバンドブレーキ。

劣化すると音がキーキー鳴ってしまいます。

耐パンクチューブと錆びにくいチェーン

Cream Cityの口コミ・評判

日常生活で使う自転車は、耐久性が命。

そういう意味では、Cream Cityはなかなかのものです。

まずはタイヤ。

普通のタイヤチューブよりも分厚いタイヤチューブを使っているので、パンクに強いです。

ただし、完全なノーパンクタイヤではありません。

きちんと空気を入れないとダメなのは同じなので、その点だけはご注意ください。

Cream Cityの口コミ・評判

チェーンについては、6段階変速タイプなら錆びにくいハイガードチェーン。

変速なしなら普通のチェーンです。

ハイガードチェーンは錆びないように特殊なコーディングがしてあります。

何年も乗り続けるなら、ハイガードチェーンのほうが安心です。

後ろの荷台の注文忘れに注意

Cream Cityの口コミ・評判

Cream Cityの標準装備には後ろの荷台が付いていません。

欲しい人はオプションで追加する必要があります。

購入後に注文することもできますが、別々に買うと取り付け工賃が必要になるので要注意です。

ただし、Cream City用の荷台はあまり重いものを運べません。

耐荷重量は10kgまで。

当然ですが、チャイルドシートも付けられません。

重たい荷物や、お子様を乗せたい人はLydiare(リディアーレ)のほうがおすすめです。

シンプルで長寿命の自転車

いかがでしょうか。

Cream Cityは機能的にはシンプルですが、耐久性はかなりのもの。

ただし6段変速タイプと変速なしでブレーキとチェーンの質が違うので、長い間乗り続けたい人は6段変速のほうが良いと思います。

Cream Cityは店で直接買うより、ネット注文するほうが安くなる場合が多いです。

事前に確認してくださいね。

>>詳細はこちらから

Lydiare(リディアーレ)の口コミ【緑が上品なママチャリ】

緑色の自転車Lydiare(リディアーレ)の口コミ

今回はLydiare(リディアーレ)というママチャリを紹介します。

何と言っても、デザインがかわいいですね。

ひと目見ただけで、高級だというのが分かります。

Lydiare(リディアーレ)の口コミ

性能的にはどうなのか?

実物を見た感想などを交えながらお話したいと思います。

ミントグリーンが上品

まず最初に見た目の話をしたいと思います。

Lydiare(リディアーレ)の人気色はベージュです。

確かに定番だしオシャレ。

でも、私が個人的に「おっ!いいね」と思ったのがミントグリーンです。

パステルカラーの緑色ママチャリ、実物は写真より数倍きれいでしたよ。

緑色の自転車Lydiare(リディアーレ)の口コミ

ミントグリーンは街なかで華やかに見えるのが長所。

家の玄関前や車庫に置くだけでも、ちょっとオシャレ度が上がる気がします。

自転車は乗るときだけでなく、駐車している時間も大事。

玄関まわりが殺風景なら、ミントグリーンはありだと思います。

さびにくいアルミハンドルが嬉しい

ここからは中身の話に入っていきましょう。

まず注目ポイントはハンドルです。

ハンドルは自転車の顔。

ここの質の違いは、長く使えば使うほど大きな差になります。

Lydiare(リディアーレ)のレビュー

Lydiare(リディアーレ)のハンドルは、アルミハンドル。

普通のスチール(鉄)製ハンドルよりさびにくいのが特徴です。

Lydiare(リディアーレ)はデザインが命。

綺麗な状態をキープできるのは嬉しいですね。

さびにくいハイガードチェーン

次に注目したいのが、チェーン周り。

Lydiare(リディアーレ)のチェーンは、質が良いです。

Lydiare(リディアーレ)の感想

安物のママチャリよりサビに強いチェーンを使っています。

長い期間乗っていても、トラブルの確率がグッと下がるはずです。

安いママチャリでもマメに油をさせば長く乗れますが、普通は放置ですよね。

ほとんどメンテナンスをしない人こそ、チェーンの質は見ておいたほうがいいと思います。

地味な部分ですが、快適さと安全は無視できません。

ママチャリの安全性は値段と直結すると考えてください。

静かなブレーキで上品さアップ

Lydiare(リディアーレ)はローラーブレーキを採用しています。

最近の2万円以上の自転車は、ローラーブレーキを使っているものが増えました。

私もママチャリには最適なブレーキだと思います。

Lydiare(リディアーレ)の口コミ

ローラーブレーキの特徴は、静かさと長寿命。

古くなってきても、変な音がしないのが嬉しいポイントです。

下り坂で思い切りブレーキをかけても、キーキー鳴ったりしません。

静かなだけではなくて、雨に強いのも良いですね。

劣化しにくく、安定したブレーキ力をキープできます。

安物のママチャリのブレーキとは質が違います。

サドルでまわりに差がつく

最後に注目してほしいのがサドルです。

ママチャリの値段は、サドルを見ればだいたい分かりますよ。

デザインも乗り心地も、安物と高級品では全然違いますから。

Lydiare(リディアーレ)のサドルは、レザー風でレトロな感じ。

大きめで、しっかりお尻を支えてくれる感じがします。

Lydiare(リディアーレ)の口コミ

座り心地は、固すぎず柔らかすぎず。

ちょうどいい感じです。

普通の黒いサドルよりも、汚れが目立ちません。

オシャレな見た目をキープする力。

これがLydiare(リディアーレ)の一番の長所と言ってもいいでしょう。

【詳細はこちらから】

黄緑のシティサイクル【クシュクシュタウン】<送料無料>

黄緑色のシティサイクル

クシュクシュタウンっていうシティサイクル、

すっごくかわいいデザインですよねえ。

黄緑色と白のツートンカラーが

珍しいです。

なんでシティサイクルって単色のものが多いんでしょうね?

機能性もなかなかのもので、

オートライトや音が静かなローラーブレーキ搭載。

前カゴは、A4サイズのトートバッグがスッポリ。

大きめのバッグでも入るので、

買い物もしやすいし通勤・通学にも使いやすいです。

 
>>もっとかわいいママチャリを見たい人はこちら

 

チェーンカバーがフルカバーのシティサイクル【スカートが汚れない自転車Roadia】<セール中>

チェーンカバーがフルカバーのシティサイクル

最近、チェーンがフルカバーのシティサイクルが減ってる気がします。

ロングスカートとかガウチョパンツをはくなら、

フルカバータイプの自転車のほうが安心できるのに…

この写真の自転車はRoadiaというんですが、

ちゃんとフルカバータイプのチェーンカバー。

後輪はドレスガードもついてるから

巻き込みの心配はほぼゼロです。

フレームが低くなっているので、

スカートでもまたぎやすいから

ちょっとした時、乗り降りしやすいです。

 
【さらに詳細はこちらから】

 

TIDUSCROSS(タイダスクロス)の口コミ【自転車通勤専用シティクロスで節約】<セール中>

TIDUSCROSS,タイダスクロス

自転車通勤用に開発されたTIDUSCROSS(タイダスクロス)。

つや消しされたカラーリングが落ち着いていてかっこいいですねえ。

試乗しながらどこが自転車通勤専用なんだろうと思って探ってみました。

まず気がついたのが前カゴ。

この横に幅広の形、ビジネスバッグがすっぽり入りますねえ。

しかも、カバンが中でバタバタしないちょうどいい大きさです。

チェーン周りはきっちりガードされてるから、

裾が汚れる心配はなさそう。

サドルはスポーツ自転車みたいに中央がくぼんでいて、

長距離の自転車通勤でもお尻が痔にならないように配慮してありました。

片道1時間くらい乗る人にとってはサドルの良し悪しでかなり乗り心地が変わるので

これはポイント高いですねえ。

そして地味ですがライト。

オートライトなんですが、暗くなってみてその明るさにビックリしました。

他の自転車よりも広い範囲で明るく照らしてくれます。

これは設置している場所がいいのと、質が良いのと両方の影響ですね。

 
>>詳細はこちらから