オフィスプレスモバブル-Hのレビュー!折りたためるクロスバイクの実力は?

オフィスプレスモバブル-Hのレビュー

最近、気になる自転車を見つけました。

オフィスプレスモバブル-Hという折りたためるクロスバイクです。

デザインがかっこいいですよねえ!

写真よりも実物のほうがかっこいいですよ。

高級感のある色と佇まいが惚れ惚れします。

ただ、折りたたみ自転車+クロスバイクってどんな感じ?

実際に乗ってみた感想や口コミ情報をもとにお話します。

実際に乗ってみた感想は?

オフィスプレスモバブル-Hの口コミ

まず、乗ってみた率直な感想をお話します。

「思った以上にクロスバイクだ!」

小学生みたいな感想ですが、最初に思ったのがこれでした。

タイヤはクロスバイクでは一般的な700×28c。

街乗りとしては細すぎず、ちょうどいいタイヤだと思います。

7段変速というのも、10万円以下のクロスバイクとしては普通です。

あまり多すぎるとメンテナンスが心配ですし、移動手段として毎日乗るならこれぐらいで十分。

普通の20インチの折りたたみ自転車ではスピードに不満がある人でも、オフィスプレスモバブル-Hなら大丈夫です。

スピードは結構出ますよ。

バスや原付きと競争したくなるぐらいには走れました。

車体重量と価格帯の話

クロスバイクと銘打つからには、車体重量は見逃せません。

ちなみにオフィスプレスモバブル-Hの車体重量は12.3kgです。

12.3kgというのは、折りたたみ自転車では8万円~10万円前後の価格帯に相当します。

ちなみにDAHONSpeed D8(20インチ)は12.1kgで値段は8万6千円。

他の折りたたみ自転車と比較するなら、ややお得感がありますね。

クロスバイクと比べるとどうでしょう?

クロスバイクで12.3kgというのは、6万円~8万円の価格帯に相当すると思います。

例えばルイガノLGS-TR2 26型は12.7kg。

車体重量だけでクロスバイクと比較すると、値段相応です。

値段を上げずに折りたたみ機能を搭載できるのは、オリジナルブランドのメリットですね。

コスパがいいです。

電車に持ち込むにはやや大きい

オフィスプレスモバブル-Hを折りたたみ自転車です。

携帯性もチェックしてみました。

車体重量12.3kgは、気軽に持ち運べる…とは言い切れない重さですね。

手に持って歩き回るなら、10kg以下が望ましいです。

タイヤのサイズが大きいので、折りたたんでも場所はとります。

折りたたんで電車に持ち込むには、やや大きすぎるかもしれません。

オフィスプレスモバブル-Hのレビュー

とはいえ、折りたたみ機能は助かりますねえ。

特にエレベーターに持ち込むときは便利ですよ。

職場のロッカー室や自分のデスクの横に置いておくことも十分に可能です。

車に積むのも余裕。

折りたたみ機能はエレベーターに入れたり、家の玄関やベランダ、職場で保管するためのものと思ってください。

泥除けはないので注意

オフィスプレスモバブル-Hは毎日の移動手段として使うなら十分な性能があります。

安物のクロスバイク程度は負けません。

ただし、一つだけ注意点があります。

泥除けがないことです。

オフィスプレスモバブル-Hの口コミ

ママチャリから乗り換える人は、泥除けの有無を見逃しがち。

これは他のクロスバイクでも同じことなのですが、ママチャリ感覚で乗るとビックリするかもしれません。

泥除けのありがたさは、雨上がりの日に分かります。

泥除けなしだと泥跳ねするんですよ。

スーツや仕事着で乗りたいなら、泥除けを用意しましょう。

サドルの下に固定するタイプの、安い泥除けで十分です。

盗まれる心配がない安心感

オフィスプレスモバブル-Hのレビュー

オフィスプレスモバブル-Hは、普通のクロスバイクと比べても同価格帯なら負けないスペックを持っています。

十分にスピードが出るし走りやすい自転車です。

室内に持ち込めるというのは非常に安心感がありますね。

クロスバイクやロードバイクは高いものほど盗まれやすいのが難点ですが、折りたたんで室内で保管すれば心配なし。

雨にさらされることもないから、サビや劣化もしにくいでしょう。

クロスバイクは欲しいけど、外で保管したくない・できない。

そんな人にピッタリだと思います。

>>詳細はこちらから

BE・ALL Bonnet Noir ALIZE 26Mの評判・口コミ【スカートで乗れるクロスバイク】<送料無料>

BE・ALL Bonnet Noir ALIZE 26M

BE・ALLのクロスバイク、Bonnet Noir ALIZE 26M。

どこか繊細な雰囲気で

クロスバイクなのに上品なデザインですよねえ。

このクロスバイクの特徴は、

またぎやすいミキストフレーム。

普通のクロスバイクよりもフレームが低いので

またぎやすくなっています。

女性の通勤や普段使いを想定しているのでしょう。

スカートでもまたぎやすいよう

配慮されているように感じました。

(ロングスカートはチェーンで汚れてしまいますが)

小さい方のフレームサイズなら

身長160センチから乗ることができます。

自転車の顔ともいえるハンドルはアルミ製で

さびにくいので雨でも気にせず乗れます。

値段は安いわりには車体は軽め。

ママチャリより乗りやすい自転車はほしいけど、

本格的すぎるのはいらない人にぴったりです。


 

ママチャリ以外の通勤自転車【安いクロスバイクがおすすめ】<セール中>

ママチャリ以外,通勤自転車,クロスバイク,SHIKISHIMA ATLAS(アトラス)

通勤自転車が欲しいけど、

どうせならママチャリ以外に乗りたいなあ。

そう考えている人も多いと思います。

ただ、クロスバイクやロードバイクはオーバースペックな気がするし、

値段が高いのが気になるところ。

ところが、ママチャリぐらい安くて気軽に乗れるクロスバイクもあるんですよ。

このSHIKISHIMA ATLAS(アトラス)もその1つ。

泥除けやチェーンガードもしっかりしてるので、

スーツで乗っても大丈夫です。

安くてもさすがクロスバイク。

今までママチャリに乗っていた人は

感動すると思います。

 
>>詳細はこちらから

 

cyma cavite(キャビテ)の口コミ【クロスバイク初心者で運動不足解消したい人向け】<セール中>

cyma cavite(キャビテ)

運動不足の解消に、クロスバイクを選ぶ人が増えてますねえ。

ご近所さんの目が気にならないし、

移動手段としても使えて一石二鳥です。

クロスバイクと言っても値段はピンからキリまで。

性能を追い求めたらどこまでいってしまいます。

クロスバイク初心者で、

そこそこ安くて質がいいクロスバイクが欲しい。

そんな人に人気が出始めているのが

cyma cavite(キャビテ)です。

2016年に発売開始されたばかりなんですが、

クロモリフレームといういいフレームを使ってるんです。

クロモリフレームは軽くて丈夫なんですが、

特徴は「しなり」です。

cymacaviteのクロモリフレーム

フレーム全体がサスペンションのような役割を果たすので、

振動が体に伝わりにくい。

お尻や腕への余計な負担を減らしてくれるので、

乗り慣れないうちに長時間走ってしまっても大丈夫なんです。

実際に1時間ほど乗ってみましたが、

歩道の段差も気にならないし、

グイグイ加速する感じが気分爽快でした♪

 
>>詳細はこちらから

 

ラトゥールミキストの口コミ【レトロな通勤用クロスバイクで前カゴ付き】<セール中>

ラトゥールミキスト

ラトゥールミキストというクロスバイク、

デザインがレトロでとっても美しいデザインなんですよねえ。

フランス語で「回帰」という意味のラトゥールという名前の通り、

パーツの質感がレトロ調になっています。

特にサドルやベル、ハンドルのグリップは

他の自転車にはない雰囲気があるんですよねえ。

通勤を想定して、

泥除けやチェーンケースが標準装備なところは現代風。

昔懐かしいデザインと、

最新技術がうまく融合したクロスバイクです。

駐輪場に停めておくと、

明らかに高級な雰囲気があるから

軽く優越感に浸れます♪

 


 

WACHSEN Locomotiveの口コミ【軽くて目立つクロスバイク】<送料無料>

WACHSEN,Locomotive,クロスバイク

WACHSENの新しいクロスバイクLocomotive。

特徴的なカラーリングとデザインがかっこいいですねえ。

黄色のフレーム以上に目立つのが穴あきのリムですね。

穴あきのリムのおかげで、停まってる時と走行中で見た目の印象が変わるのが面白いです。

この穴あきのリム、デザイン性だけじゃなくて走行性能も高めていました。

穴が空いてる分、軽くなっています。

リムが軽いと、ダイレクトに走り心地に影響するんですよねえ。

車体全体の重さは13kg以下ですが、

数字以上に軽い乗り心地が味わえます。

実際に乗ってみると、滑らかな走り心地。

信号待ちから走りだしたらすぐにトップスピードに入れるのが気持ちいいです。

試乗してみて、ファッション性重視ではなくて乗り心地を重視して作っているのがよく分かりました。

 
>>詳細はこちらから
 

DAINICHI ロードマーク RB700の口コミ【安くて軽いクロスバイクで初心者が乗りやすい】<セール中>

DAINICHI ロードマーク RB700

DAINICHI ロードマーク RB700、シンプルなクロスバイクで見た目がスッキリしています。

値段が安くて複雑なメンテナンスがいらないので、初心者に人気がありますねえ。

初心者に人気のクロスバイクといえば、

最近ではcyma primerrunthroughというクロスバイクがあります。

DAINICHI ロードマーク RB700はこの2つよりも車体が軽いです。

12kgの車体は、2万円台のクロスバイクでは最軽量クラスでしょうねえ。

これ以上となると、4万円以上に値段が跳ね上がります。

サドルのくぼみが結構深いので、

長時間走るのに慣れてない人でもお尻が痛くなりにくいのが嬉しいポイント。

あと、地味に嬉しいのがハンドル前側についてる反射板。

夕方にクロスバイクで走っていると、思った以上に車から気づいてもらえません。

反射板一つあるだけで安全性が大きく変わります。

事故を予防する保険だと思って、外したりせずしっかり着けたまま乗るのがオススメです。

 
>>激安通販はこちらから

 

大学生の通学用クロスバイク【cyma primerは2万円台で買えるコスパが人気】<キャンペーン中>

大学生の通学用クロスバイク

大学生でクロスバイクに乗ってる人が最近増えてますねえ。

安くていいクロスバイクが増えてるから、学生さんも手が出しやすいのかも。

私のいとこは、毎日クロスバイクで1時間かけて大学に通ってます。

バイトに行くのも全部クロスバイク。

電車を使うことはほとんどないんですって。

貴重なバイト代を交通費に使ってしまうのがもったいないって言ってました^^;

定期代で年間10万円近く出すぐらいなら、クロスバイクのほうが確かにお得かも。

いとこはcyma primerというクロスバイクに乗ってます。

安いって言ってたけど、軽いしスピードも出るし頑丈なんですよねえ。

アルミフレームのクロスバイクで、

この値段はなかなか他にないと思います。

前カゴはついてませんが、不便は感じないんですって。

部活の道具は部室にロッカーがあるし、毎日の講義の荷物はリュックに入る程度。

cyma primerはタイヤが他のクロスバイクと違っていて、

街乗りするならこっちのタイヤのほうが乗り心地がいいんです。

 
>>詳細はこちらから

 

通学にいい自転車【クロスバイクかママチャリのどちらが良いか迷う人向けTIDUSCROSS(タイダスクロス)】<激安>

通学用の自転車

男子大学生から口コミでジワジワ人気になってきてるのが、

TIDUSCROSS(タイダスクロス)という自転車。

前カゴ付きのクロスバイク…厳密には、シティクロスというママチャリとクロスバイクの中間的な自転車です。

チェーンカバーのデザインが独特でかっこいいんですよねえ。

ハンドルはよく見るとステンレス製で錆びないし、

オートライトもついてました。

通学用の自転車を探していて、クロスバイクかママチャリかで迷っている人にはちょうどいいです。

いいとこ取りしたような機能ですから。

クロスバイクを買うと、泥除けや前カゴやライトを全部オプションで付けないといけないけど、

これなら最初から全部揃っているからすぐに乗れます。

 
>>詳細はこちらから

 

MarkRosa STAGGEREDの口コミ【身長140センチ・150センチ台で乗れるクロスバイク】<送料無料>

MarkRosa STAGGERED

知り合いの女性がクロスバイクに挑戦しようと思って近所の自転車屋さんに行ったんです。

でも、いいのがなかったみたい。

身長が148センチしかなかったので、乗れるクロスバイクが置いてなかったそうです。

自転車屋さんに行く前に相談してくれれば、MarkRosa STAGGEREDを紹介したのになあ。

身長144センチ以上の人で乗れるクロスバイクで、

色の選択肢が多いからオシャレな女性からの人気も高いんです。

前カゴを付けてママチャリの延長で乗ってる人も多いんですが、

前カゴをつけなくてもエコバッグをフロントキャリアに置けるから買い物には困りません。

 
>>さらに詳細はこちらから