CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ!1万8千円のクロスバイクの実力は?

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

CREAM CROSS(クリームクロス)という自転車。

1万8千円とは思えないデザインで、上品で高級感がありますねえ。

でもなぜこんなに安いのか?

品質が気になる人のために、詳細を詳しく確認してみました。

実物を見た感想

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

まず細かい話をする前に、全体的な感想からお話しします。

CREAM CROSS(クリームクロス)の実物は、写真で見る以上に綺麗な色をしていますよ。

優しい白と、シンプルなブラックパーツ。

変に派手すぎず、大人っぽい落ち着いた雰囲気がありました。

見た目だけの印象で言うなら、とても2万円以下の自転車には見えません。

ではなぜ安いのか?

大きな理由を発見しました。

安い理由は軽さ

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

スポーツタイプの自転車が高いのは、軽さと丈夫さを両立するのが難しいからです。

その点、CREAM CROSS(クリームクロス)は軽量化を重視していません。

車体重量は20kg。

ママチャリと変わらない程度の重さでした。

フレームもスチールですし、クロスバイクというよりママチャリをスポーツ仕様にカスタマイズした自転車というほうが良いでしょう。

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

でも、ガッカリする必要はありません。

確かに純粋なクロスバイクのような軽快さはありませんが、快適性と丈夫さでは負けません。

普通のママチャリと比べれば、こぎやすいですしね。

おそらく開発者は、街なかでの普段乗りを意識して設計したのでしょう。

軽量化だけを追求した自転車よりも使い勝手が良いポイントがたくさん見つかりました。

太めのタイヤで耐パンクチューブ装備

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

使い勝手が良いポイントの1つ目は、太めのタイヤです。

タイヤは700x32c。

クロスバイクとして考えると、かなり太めのタイヤを装備しています。

太めのタイヤの良いところは、乗り心地がよくなること。

振動を吸収してくれるので体の負担が減るのです。

外側だけでなく、中身も一味違います。

タイヤチューブの厚さが、平均的なものと比べて1.5倍ほど分厚くなっています。

いわゆる「耐パンクチューブ」ですね。

ホイールも丈夫なものを使っていますし、空気さえ入れていれば変なところを走らない限り安心です。

どんな良い自転車でも、パンクしたら台無し。

CREAM CROSS(クリームクロス)は毎日安心して乗るために、足回りを頑丈にしてくれていました。

サドルの座り心地が意外と良い

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

CREAM CROSS(クリームクロス)で意外と良かったのがサドルです。

普通、安いスポーツタイプの自転車はサドルが固いことが多いのですが…これは大丈夫でした。

見た目以上にクッション性があるのでしょう。

優しい座り心地でした。

太いタイヤに加えて、このサドル。

乗り心地の改善に力を入れていることがよく分かりました。

毎日乗るなら、快適に乗れたほうが嬉しいですからね。

裾を巻き込まないチェーンカバー

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

CREAM CROSS(クリームクロス)は、かなり気が利く自転車です。

チェーンカバーもその1つ。

裾が巻き込まれて汚れないように、しっかりしたカバーが着いています。

軽量化だけを追い求めた自転車の場合、このような配慮はありません。

日常生活で乗ることを想定している自転車だからこそ、きっちりしているのでしょう。

ママチャリの良さをしっかり残しています。

最近はこのように、ママチャリ要素を残した通勤専用自転車が増えてきています。

同じ価格帯ならCHRYS(クライス)もおすすめです。

趣味・スポーツ用の自転車とは一味違う魅力がありますね。

ライトはオプションも検討して

CREAM CROSS(クリームクロス)の口コミ

最後に一つだけ、注意点があります。

CREAM CROSS(クリームクロス)のライトは、標準ではダイナモ式ライトです。

あまり夜に乗らないなら良いのですが、そうでないならオプションでオートライトに替えたほうが良いです。

オートライトのほうが楽ですよ。

サイクルベースあさひの場合、同時購入すればライトの取り付け工賃が無料になります。

>>詳細はこちらから

パンクしにくいクロスバイクならこれ!ブリヂストンのTB1がタフに走れる

パンクしにくいクロスバイクTB1

パンクしにくいクロスバイクと言えば?

私が真っ先に思い浮かべたのは、BRIDGESTONEのTB1です。

他のクロスバイクとどこが違うのか?

詳しくお話しします。

なぜTB1はパンクしにくいのか?

パンクしにくいクロスバイクTB1

TB1のタイヤは、ロングレッドというBRIDGESTONE独自のものです。

ロングレッドとは、新素材ゴムを使った耐久性重視のタイヤ。

柔軟でしなやかな素材で、タイヤ側面のひび割れに強いのが特徴です。

パンクしにくいクロスバイク

普通のタイヤなら、空気が抜けてくるとタイヤが歪んでひび割れます。

最終的に中身のチューブにダメージが入ってしまい、パンクしてしまうのです。

ところがロングレッドは空気圧が低くなったときでも、しなやかな素材のおかげで長い時間耐えられます。

もちろん、空気圧はきちんとしたほうがいいのですが…

さらに、タイヤのゴムの内側も独自技術が使われています。

タイヤの内側を滑らかにするチューブガード構造になっていて、タイヤのゴムと中のチューブの摩擦を最小限にしています。

摩擦が少ないのでチューブが破れてパンクするリスクは激減です。

パンクしにくいクロスバイク

ここまで徹底的に耐久性にこだわっているクロスバイクは珍しいです。

普通のクロスバイクの場合は、軽量化・スピードアップが第一。

タイヤはこまめに交換する前提で、耐久性よりも加速しやすさを重視しています。

ちなみにタイヤのサイズは、一般的な27インチ。

万が一パンクしたとしても、どこの自転車屋さんでも修理可能というのも心強いです。

通勤・通学の移動手段で乗る人が多い

パンクしにくいクロスバイク

TB1の購入者のほとんどが、通勤や通学などの日常生活の移動手段として利用しています。

そこそこの値段で、耐久性が高い。

日本独自の安全基準であるBAAに合格しているのも安心感があります。

BAA

逆に、趣味でクロスバイクに乗りたい人はもっと軽くて高額なクロスバイクを選ぶようです。

TB1の車体重量は約15kg。

本格的なクロスバイクなら10kgを切るので、1日中何十キロも走りたい人には物足りないのでしょう。

道路

とはいえ、TB1は平均的なママチャリよりは5kgぐらい軽いです。

ママチャリから乗り換えるなら、十分に軽さを感じますよ。

TB1は軽量化よりも壊れにくさと使い勝手重視。

オートライトや泥除けが標準装備であることからも、設計段階から日常生活で使うことを想定していることが分かります。

日本人の体格に合わせたフレーム

パンクしにくいクロスバイク

BRIDGESTONEサイクルのような国内メーカーのクロスバイクは、日本人の体格に合わせて設計されているのが嬉しいポイント。

海外メーカーのクロスバイクはハンドルとサドルの間隔が広すぎて、小柄な日本人が乗ると前傾姿勢がキツくなりすぎることがあります。

スポーツ自転車に慣れていない人にはキツいです。

TB1はちゃんと日本人向けに作られています。

乗りやすいですよ。

しかも、フレームサイズは420mmと480mmの2種類あります。

小さい方のクロスバイクなら、身長146センチ以上で乗ることが可能です。

シンプルな変速機で簡単

TB1の口コミ

TB1の変速機は7段階。

クロスバイクとしては少なめですが、毎日の移動手段として乗るなら十分です。

操作もシンプルなので、クロスバイクが初めてでも戸惑うことはないでしょう。

高度な変速機はメンテナンスも大変なので、毎日乗るならこれぐらいがちょうどいいです。

忘れがちなパーツも標準装備

TB1のレビュー

TB1は使い勝手重視のクロスバイクなので、色々なパーツが標準装備でついています。

スタンド

カギ

ライト

泥除け

ママチャリなら当たり前のパーツですが、クロスバイクやロードバイクで標準装備は少数派。

特に忘れがちな泥除けが標準装備なのは嬉しいです。

泥除けなしのクロスバイクで出かけると、すぐ背中に泥が跳ねて大変ですから。

後からあれこれ追加しなくても、すぐ乗れる。

空気入れもママチャリと同じものを使えるので、面倒な作業なしですぐ楽しめます。

ブレーキも街乗りを意識している

パンクしにくいクロスバイク

TB1はブレーキにも街乗り重視の姿勢が出ています。

前:Vブレーキ

後ろ:ローラーブレーキ

クロスバイクでローラーブレーキを装着しているのは珍しいです。

ローラーブレーキは、静かで長寿命なのが特徴。

雨でも安定しているし、古くなってもキーっていう不快な音がほとんどしません。

毎日の移動手段として乗るなら、スポーツ自転車用のブレーキよりもローラーブレーキのほうが使い勝手は良いですよ。

購入はメンテナンス性も考えて

いかがでしょうか。

TB1は、普通のクロスバイクと違って日常生活での使い勝手を重視した自転車です。

値段は通販で買うほうが安い場合が多いですが、メンテナンスのことも考えると店舗数が多いところが安心です。

例えばサイクルベースあさひで買っておけば、いざというとき立ち寄れて便利です。

>>詳細はこちらから

クロスバイクFERIADO(フェリアード)のレビュー・口コミ!cyma primerと比較してみた

FERIADO(フェリアード) のレビュー

cymaで売られているクロスバイク、FERIADO(フェリアード)。

シンプルで癖のないデザインですねえ。

実際の乗り心地や性能はどうなのか?

今回は分かりやすくお伝えするため、cyma primerと比較しながらお話しします。

重さに違いはある?

FERIADO(フェリアード) のレビュー

クロスバイクの大事な要素と言えば、車体重量です。

重さを確認してみましょう。

FERIADO:12kg

cyma primer:12.7kg

ややFERIADOのほうが軽いですね。

どちらも3万円前後で12kg台なのは驚異的。

さすがはオリジナルブランドの自転車といったところでしょうか。

本来、このぐらいの車体重量なら5万円以上するのが普通です。

重さだけで言えば2万円ぐらいお得感があります。

ちなみにママチャリの車体重量は20kg前後。

この価格帯のクロスバイクを買う人は、ママチャリから乗り換える人も多いはず。

ママチャリから乗り換えると、かなり軽く感じますよ。

スピードはどっちが出る?

自転車FERIADO(フェリアード)のレビュー・口コミ

次はスピードを見ていきましょう。

FERIADO(フェリアード)とcyma primerを比べると、最高速度ではあまり差はないはずです。

どちらも7段階変速。

車体重量もギア比も差がありません。

ほとんど差はないのですが、あえて言うなら…街なかでスピードを出して走りやすいのはFERIADO(フェリアード)だと思います。

道路

理由は2つ。

・FERIADOのほうがタイヤが細い

・FERIADOのキャリパーブレーキ

cyma primerのタイヤは700×40C。

一方のFERIADOのタイヤは700×28Cです。

cyma primerのタイヤの太いタイヤは乗り心地が向上しますが、細いタイヤに比べて漕ぎ出しが重くなります。

街なかでは信号などで止まる機会がたくさんありますよね。

停止した状態から加速する場合、FERIADOのほうがトップスピードに到達するのが早いはずです。

道路

そして、ブレーキの違い。

スピードを出しているときは、FERIADOのキャリパーブレーキが本領を発揮します。

キャリパーブレーキは、高速走行時に微妙なスピードコントロールが得意。

cyma primerのVブレーキは悪条件でもよく止まるブレーキ。

タイムで競うなら、キャリパーブレーキのほうが有利です。

FERIADO(フェリアード)のレビュー

ただし、街なかで全力で漕ぐ機会はそんなにありません。

実質的には、ほとんど差はでないでしょう。

本当にスピードを求めるなら、高級なロードバイクを買うことをおすすめします。

乗り心地は違うの?

FERIADO(フェリアード)の口コミ

最後に、乗り心地の違いについてお話します。

どちらも快適に乗れるのですが、乗り比べると違いがあります。

FERIADO:加速が速く軽快に走れる

cyma primer:振動が伝わりにくく快適に乗れる

FERIADOは軽い走り心地。

cyma primerは優しい走り心地。

乗り心地については好みの問題ですが、軽快に走りたい人はFERIADOのほうが気に入るかもしれません。

とはいえ、どっちを選んでもママチャリから乗り換える人は感動するはずです。

スイスイ進める楽しさを味わえますよ。

>>詳細はこちらから

オフィスプレスモバブル-Hのレビュー!折りたためるクロスバイクの実力は?

オフィスプレスモバブル-Hのレビュー

最近、気になる自転車を見つけました。

オフィスプレスモバブル-Hという折りたためるクロスバイクです。

デザインがかっこいいですよねえ!

写真よりも実物のほうがかっこいいですよ。

高級感のある色と佇まいが惚れ惚れします。

ただ、折りたたみ自転車+クロスバイクってどんな感じ?

実際に乗ってみた感想や口コミ情報をもとにお話します。

実際に乗ってみた感想は?

オフィスプレスモバブル-Hの口コミ

まず、乗ってみた率直な感想をお話します。

「思った以上にクロスバイクだ!」

小学生みたいな感想ですが、最初に思ったのがこれでした。

タイヤはクロスバイクでは一般的な700×28c。

街乗りとしては細すぎず、ちょうどいいタイヤだと思います。

7段変速というのも、10万円以下のクロスバイクとしては普通です。

あまり多すぎるとメンテナンスが心配ですし、移動手段として毎日乗るならこれぐらいで十分。

普通の20インチの折りたたみ自転車ではスピードに不満がある人でも、オフィスプレスモバブル-Hなら大丈夫です。

スピードは結構出ますよ。

バスや原付きと競争したくなるぐらいには走れました。

車体重量と価格帯の話

クロスバイクと銘打つからには、車体重量は見逃せません。

ちなみにオフィスプレスモバブル-Hの車体重量は12.3kgです。

12.3kgというのは、折りたたみ自転車では8万円~10万円前後の価格帯に相当します。

ちなみにDAHONSpeed D8(20インチ)は12.1kgで値段は8万6千円。

他の折りたたみ自転車と比較するなら、ややお得感がありますね。

クロスバイクと比べるとどうでしょう?

クロスバイクで12.3kgというのは、6万円~8万円の価格帯に相当すると思います。

例えばルイガノLGS-TR2 26型は12.7kg。

車体重量だけでクロスバイクと比較すると、値段相応です。

値段を上げずに折りたたみ機能を搭載できるのは、オリジナルブランドのメリットですね。

コスパがいいです。

電車に持ち込むにはやや大きい

オフィスプレスモバブル-Hを折りたたみ自転車です。

携帯性もチェックしてみました。

車体重量12.3kgは、気軽に持ち運べる…とは言い切れない重さですね。

手に持って歩き回るなら、10kg以下が望ましいです。

タイヤのサイズが大きいので、折りたたんでも場所はとります。

折りたたんで電車に持ち込むには、やや大きすぎるかもしれません。

オフィスプレスモバブル-Hのレビュー

とはいえ、折りたたみ機能は助かりますねえ。

特にエレベーターに持ち込むときは便利ですよ。

職場のロッカー室や自分のデスクの横に置いておくことも十分に可能です。

車に積むのも余裕。

折りたたみ機能はエレベーターに入れたり、家の玄関やベランダ、職場で保管するためのものと思ってください。

泥除けはないので注意

オフィスプレスモバブル-Hは毎日の移動手段として使うなら十分な性能があります。

安物のクロスバイク程度は負けません。

ただし、一つだけ注意点があります。

泥除けがないことです。

オフィスプレスモバブル-Hの口コミ

ママチャリから乗り換える人は、泥除けの有無を見逃しがち。

これは他のクロスバイクでも同じことなのですが、ママチャリ感覚で乗るとビックリするかもしれません。

泥除けのありがたさは、雨上がりの日に分かります。

泥除けなしだと泥跳ねするんですよ。

スーツや仕事着で乗りたいなら、泥除けを用意しましょう。

サドルの下に固定するタイプの、安い泥除けで十分です。

盗まれる心配がない安心感

オフィスプレスモバブル-Hのレビュー

オフィスプレスモバブル-Hは、普通のクロスバイクと比べても同価格帯なら負けないスペックを持っています。

十分にスピードが出るし走りやすい自転車です。

室内に持ち込めるというのは非常に安心感がありますね。

クロスバイクやロードバイクは高いものほど盗まれやすいのが難点ですが、折りたたんで室内で保管すれば心配なし。

雨にさらされることもないから、サビや劣化もしにくいでしょう。

クロスバイクは欲しいけど、外で保管したくない・できない。

そんな人にピッタリだと思います。

【詳細はこちらから】

BE・ALL Bonnet Noir ALIZE 26Mの評判・口コミ【スカートで乗れるクロスバイク】<送料無料>

BE・ALL Bonnet Noir ALIZE 26M

BE・ALLのクロスバイク、Bonnet Noir ALIZE 26M。

どこか繊細な雰囲気で

クロスバイクなのに上品なデザインですよねえ。

このクロスバイクの特徴は、

またぎやすいミキストフレーム。

普通のクロスバイクよりもフレームが低いので

またぎやすくなっています。

女性の通勤や普段使いを想定しているのでしょう。

スカートでもまたぎやすいよう

配慮されているように感じました。

(ロングスカートはチェーンで汚れてしまいますが)

小さい方のフレームサイズなら

身長160センチから乗ることができます。

自転車の顔ともいえるハンドルはアルミ製で

さびにくいので雨でも気にせず乗れます。

値段は安いわりには車体は軽め。

ママチャリより乗りやすい自転車はほしいけど、

本格的すぎるのはいらない人にぴったりです。


 

ママチャリ以外の通勤自転車【安いクロスバイクがおすすめ】<セール中>

ママチャリ以外,通勤自転車,クロスバイク,SHIKISHIMA ATLAS(アトラス)

通勤自転車が欲しいけど、

どうせならママチャリ以外に乗りたいなあ。

そう考えている人も多いと思います。

ただ、クロスバイクやロードバイクはオーバースペックな気がするし、

値段が高いのが気になるところ。

ところが、ママチャリぐらい安くて気軽に乗れるクロスバイクもあるんですよ。

このSHIKISHIMA ATLAS(アトラス)もその1つ。

泥除けやチェーンガードもしっかりしてるので、

スーツで乗っても大丈夫です。

安くてもさすがクロスバイク。

今までママチャリに乗っていた人は

感動すると思います。

 
>>詳細はこちらから

 

cyma cavite(キャビテ)の口コミ【クロスバイク初心者で運動不足解消したい人向け】<セール中>

cyma cavite(キャビテ)

運動不足の解消に、クロスバイクを選ぶ人が増えてますねえ。

ご近所さんの目が気にならないし、

移動手段としても使えて一石二鳥です。

クロスバイクと言っても値段はピンからキリまで。

性能を追い求めたらどこまでいってしまいます。

クロスバイク初心者で、

そこそこ安くて質がいいクロスバイクが欲しい。

そんな人に人気が出始めているのが

cyma cavite(キャビテ)です。

2016年に発売開始されたばかりなんですが、

クロモリフレームといういいフレームを使ってるんです。

クロモリフレームは軽くて丈夫なんですが、

特徴は「しなり」です。

cymacaviteのクロモリフレーム

フレーム全体がサスペンションのような役割を果たすので、

振動が体に伝わりにくい。

お尻や腕への余計な負担を減らしてくれるので、

乗り慣れないうちに長時間走ってしまっても大丈夫なんです。

実際に1時間ほど乗ってみましたが、

歩道の段差も気にならないし、

グイグイ加速する感じが気分爽快でした♪

 
>>詳細はこちらから

 

ラトゥールミキストの口コミ【レトロな通勤用クロスバイクで前カゴ付き】

ラトゥールミキスト

ラトゥールミキストというクロスバイク、

デザインがレトロでとっても美しいデザインなんですよねえ。

フランス語で「回帰」という意味のラトゥールという名前の通り、

パーツの質感がレトロ調になっています。

特にサドルやベル、ハンドルのグリップは

他の自転車にはない雰囲気があるんですよねえ。

通勤を想定して、

泥除けやチェーンケースが標準装備なところは現代風。

昔懐かしいデザインと、

最新技術がうまく融合したクロスバイクです。

駐輪場に停めておくと、

明らかに高級な雰囲気があるから

軽く優越感に浸れます♪

WACHSEN Locomotiveの口コミ【軽くて目立つクロスバイク】

WACHSEN,Locomotive,クロスバイク

WACHSENの新しいクロスバイクLocomotive。

特徴的なカラーリングとデザインがかっこいいですねえ。

黄色のフレーム以上に目立つのが穴あきのリムですね。

穴あきのリムのおかげで、停まってる時と走行中で見た目の印象が変わるのが面白いです。

この穴あきのリム、デザイン性だけじゃなくて走行性能も高めていました。

穴が空いてる分、軽くなっています。

リムが軽いと、ダイレクトに走り心地に影響するんですよねえ。

車体全体の重さは13kg以下ですが、

数字以上に軽い乗り心地が味わえます。

実際に乗ってみると、滑らかな走り心地。

信号待ちから走りだしたらすぐにトップスピードに入れるのが気持ちいいです。

試乗してみて、ファッション性重視ではなくて乗り心地を重視して作っているのがよく分かりました。

DAINICHI ロードマーク RB700の口コミ【安くて軽いクロスバイクで初心者が乗りやすい】<セール中>

DAINICHI ロードマーク RB700

DAINICHI ロードマーク RB700、シンプルなクロスバイクで見た目がスッキリしています。

値段が安くて複雑なメンテナンスがいらないので、初心者に人気がありますねえ。

初心者に人気のクロスバイクといえば、

最近ではcyma primerrunthroughというクロスバイクがあります。

DAINICHI ロードマーク RB700はこの2つよりも車体が軽いです。

12kgの車体は、2万円台のクロスバイクでは最軽量クラスでしょうねえ。

これ以上となると、4万円以上に値段が跳ね上がります。

サドルのくぼみが結構深いので、

長時間走るのに慣れてない人でもお尻が痛くなりにくいのが嬉しいポイント。

あと、地味に嬉しいのがハンドル前側についてる反射板。

夕方にクロスバイクで走っていると、思った以上に車から気づいてもらえません。

反射板一つあるだけで安全性が大きく変わります。

事故を予防する保険だと思って、外したりせずしっかり着けたまま乗るのがオススメです。

 
>>激安通販はこちらから