トラッドラインWリミテッド-Hの口コミ【中高一貫校なら卒業まで6年間乗れる自転車】

トラッドラインWリミテッド-H

通学用の自転車が欲しいなら、耐久性が第一です。

安い見た目だけの自転車を買ってしまうと、ある日いきなり壊れて後悔するんですよね。

よりによって、テストの日に壊れてたり…

そんなことになったら悲惨です。

今回は、トラッドラインWリミテッド-Hという自転車の特集です。

4万円近い値段に見合う性能があるのか?

詳しく見ていきたいと思います。

お値段以上のフレーム性能

トラッドラインWリミテッド-Hの最大のウリは高耐久性。

特にフレームには絶対の自信をもっているようです。

トラッドラインWリミテッド-H

普通、市販の自転車は安全基準をクリアしていれば高品質を名乗れます。

トラッドラインWリミテッド-Hは、その安全基準以上に厳しい試験をクリアしています。

これは、この自転車が「通学用」を想定しているため。

中高一貫校なら、中学1年生から高校3年生まで自転車に乗り続けますよね。

毎日毎日、重い荷物も積んで走る。

当たり前のようですが、自転車には大きな負担がかかります。

6年間、ハードな環境で乗り続けても安全な通学自転車を作ろうと思うと、高いレベルの品質が要求されるのです。

トラッドラインWリミテッド-Hは、壊れる可能性を1%でも減らすために基準以上のものをめざして設計されたものです。

値段は4万円近くしますが、耐久性はそれ以上のポテンシャルがあります。

耐パンクタイヤは必須アイテム

トラッドラインWリミテッド-H

トラッドラインWリミテッド-Hは耐パンクタイヤを標準装備しています。

特に、小石や枝などが刺さってパンクする「突き刺しパンク」に強い設計になっていますよ。

毎日通学していると、どうしても小石を踏むことがあります。

普通のタイヤなら数回でパンクするような道路でも、このタイヤなら大丈夫でしょう。

空気さえしっかり入れていれば、ちょっとぐらいの刺激ではパンクしません。

ローラーブレーキで長寿命

自転車を買うときに、ブレーキを意識する人は少ないかもしれません。

でも、本来なら1番安全性に直結する部分です。

トラッドラインWリミテッド-Hでは、長寿命のローラーブレーキを使っています。

トラッドラインWリミテッド-H

古くなっても止まる力が落ちにくいし、音が静かという特徴をもっているブレーキ。

長く乗り続けることを想定して、ブレーキも長寿命化を徹底している印象です。

長く乗るなら前カゴの耐久性も大事

最後に、前カゴを紹介しておきます。

トラッドラインWリミテッド-Hはステンレス製の前カゴを使っています。

トラッドラインWリミテッド-H

軽量化だけを考えるならプラスチック製でもいいんです。

でも、前カゴがすぐ凹んでしまうと見た目が悪いですよね。

壊れてなくても、前カゴがベコベコだと乗る気が失せてしまいます。

この自転車は、そんな乗る人の気持ちも考えて前カゴも頑丈です。

ちょっとぐらいで凹んだりしません。

例えば部活の荷物とか、重たいモノを入れても大丈夫。

何も気にせずガンガン乗り回しても、気持ちよく乗り続けられる。

見た目には派手さや驚く機能はないように見えますが、職人技が光る自転車に仕上がっていましたよ。

>>詳細はこちらから

ヴォラーレtyの口コミ【パンクに強い男子高校生の通学用自転車】<セール中>

ヴォラーレty

男子高校生用の通学自転車。

カッコよくて実用的なものがいいですよね。

今回はヴォラーレtyの口コミや実際に乗った感想をお話します。

パンクに強いタイヤ

ヴォラーレtyの1番の強みは、パンクしにくいこと。

タイヤの中は、こんなことになっています。

ヴォラーレty

ヴォラーレtyのタイヤの特徴は2つ。

・外側のゴムが分厚くて摩耗に強い

・中のチューブが厚くて強い

外側、内側、両方とも強い構造になっています。

このおかげで、少々のことではパンクしないんです。

例えば下り坂でスピードが出ているとき。

不意に段差があったとしても、ほぼ大丈夫。

歩道を走っていると、段差がたくさんありますよね。

そういう場所こそ、本領発揮する自転車です。

足回りもかっこいい

私がヴォラーレtyを実際に見て、1番気に入ったのが足回りのデザインです。

ヴォラーレty

ペダル、チェーンリング、チェーンカバー。

すごくカッコよく見えませんか?

まるでお金をかけてカスタマイズしたような雰囲気。

イオンのママチャリに、こんなカッコいいのはないですよね。

機能も大事だけど、見た目も大事。

ダサい自転車に乗りたくない人には、魅力的だと思います。

乗り心地は?

実際の乗り心地ですが、一言で表現するとこうなります。

「静かでスイスイ進む!」

車体重量は、平均より少しだけ軽いぐらい。

軽やかとまで言いませんが、こぎやすいです。

スイスイ進みますよ。

フレームの形が、少しスポーツ自転車に近いせいでしょうか。

ライトはオートライト。

勝手に点灯するし、点灯してもペダルは軽いまま。

必要な機能は十分だと思います。

>>詳細はこちらから

通学用折りたたみ自転車BEATの口コミ【前カゴ・泥除け・変速機付き】<送料無料>

通学用折りたたみ自転車BEAT

春から新学期。

初めて一人暮らしをする人も多いですよねえ。

通学用の自転車で、折りたたみ自転車を選ぶ人が増えてるんです。

部屋がワンルームだったりして狭くても、

折りたたみなら室内で保管できますからねえ。

大学で持ち歩いても邪魔にならないし、

サークルや部室に置いてる人もよく見かけます。

折りたたみ自転車を通学に使うなら、

前カゴ、タイヤの泥除け、変速機があるかどうかは確認したほうがいいですよ。

写真はBEATという折りたたみ自転車で、全部揃ってます。

特に泥除けがない折りたたみ自転車が多いので要注意。

泥除けがないと、夜中に雨が降ってたりすると

泥が跳ねて背中に点々と泥汚れが…

あれは経験した人にしか分からない恥ずかしさです^^;

 
>>激安通販はこちらから

 

BRIDGESTONE スクリッジ[S型]の口コミ【軽くて坂道も走りやすい通学ママチャリ】<送料無料>

BRIDGESTONE,スクリッジ[S型],通学,ママチャリ

今日はBRIDGESTONE スクリッジ[S型]に試乗してきました。

見た目はスタンダードな自転車ですが、かなりハイテクですねえ。

まず、驚いたのが軽さ。

私は直前まで安いクロスバイクに乗ってたんですが、

軽さは同じぐらいです。

特に最初のこぎ出しが楽で、スーッと加速できるのが気持ちいいですねえ。

重さを聞いてみたら16kg。

やっぱり安いクロスバイクと同じ重さでした。

スクリッジ[S型]はアルミフレームで、ハンドルなどのパーツもステンレスかアルミ製。

錆びるパーツがないので、綺麗な見た目をキープしたまま何年も乗れそうです。

スクリッジには[W型]というものもあるんですが、

こちらは頑丈さ重視でフレームも鉄製。

スピードを出したいなら[S型]のほうが有利です。

通学距離が長めで、道中に坂道が多い子には嬉しい自転車だと思います。

疲れ具合が半分ぐらいになるんじゃないでしょうか。

部活などで疲れて帰るので、通学は少しでも楽にしてあげたいなあ…

スクリッジのいいところは、タイヤの質がいいこと。

一般的なママチャリと比較して、すり減りにくい構造になってます。

 
>>詳細はこちらから

 

長距離通学用ママチャリ【ブリヂストン(BRIDGESTONE) ロペタ】<送料無料>

長距離通学用ママチャリ

今日、田舎の山道を車で走っていたら、

自転車のそばで困っている中学生を見つけました。

声をかけたら、パンクしちゃって走れなくなったんですって。

家を聞いたら歩くと1時間以上かかりそうな場所だったので、

車で送ってあげました。

自転車も無理やり積んで…(トランク半ドア状態で)

その子が乗っていたママチャリを見たら安物でした。

長距離通学するなら、少々高くても質のいい自転車じゃないと困るのは子どもなのに^^;

無事家まで送り届けて、ついてにBRIDGESTONEの自転車、ロペタを紹介してきました。

ロペタは軽いから疲れにくいし、

タフロードタイヤといって、グレードの高いタイヤを使ってます。

チェーンや前カゴなどは雨に強い素材でできてるし、

毎日悪天候でも長距離通学しても大丈夫なんです。

 


 

ウェーブセストの口コミ【ノーパンクタイヤの通学自転車】<送料無料>

ノーパンクタイヤの通学自転車ウェーブセスト

シンプルなデザインの自転車、ウェーブセスト。

2016年になって人気が増してるんですって。

特に通学用にしている人が多いみたいです。

特徴はなんといってもノーパンクタイヤですねえ。

ノーパンクタイヤの中でも、最新の中が空洞で軽いタイプです。

中身を何かでギッシリ詰め込んだノーパンクタイヤしか知らない人が乗ると、

ノーパンクタイヤって信じてくれないくらい走り心地は良いんですよ。

オートライトもついてるので、点灯してもペダルは軽いまま。

めんどくさがったり、何故かライトを点けるのが恥ずかしいっという子でも大丈夫です。

車を運転してると、無灯火で走ってる学生さんが多くて心配になるんです。

そんな危険を少しでも減らしてあげたいですよねえ。

 
>>さらに詳細はこちらから

 

アルページュの口コミ【パンクしにくい通学自転車でおすすめ】<送料無料>

アルページュ

SAIMOTO アルページュに試乗してきました。

見た目はシンプルで上品そうに見えたんですが、

近くでも見ると「これでもか!」っていうぐらい頑丈重視でした。

まず、実物を見ると目立つのが前カゴです。

総ステンレスの前カゴは安心感がありますねえ。

最近、安いプラスチック製が増えてきてるので、高級感があります。

変速機はチェーン外れしない内装式。

止まったままでギアチェンジしても大丈夫。

耐パンクタイヤを使っているので、走り心地はやや重め。

重めといっても、他の自転車とじっくり乗り比べたうえでの話。

あえて言うなら…ぐらいのレベルです。

前カゴは30センチ定規も真横にすっぽり入るぐらい大きい。

荷物が多い学生さんが喜びそうです。

 
>>さらに詳細はこちらから

 

坂道が多い地域用の通学自転車【CORTEZ(コルテス)】<キャンペーン中>

坂道に強い自転車

通学用の自転車は色んな物がありますが、

今回は坂道が多い地域で活躍してくれる自転車です。

サカモトテクノのCORTEZ(コルテス)、

クロスバイクにママチャリの各パーツを取り付けたシティクロスですねえ。

泥除け、ライト、チェーンカバーが標準装備。

クロスバイクにこういうパーツを全部つけると値段がグングン上がっちゃいますので、

最初から全部揃ってるのはコスパがいいです。

CORTEZ(コルテス)はフレームがアルミですごく軽いのが特徴。

普通のママチャリよりも3kgぐらいは軽いです。

3kgの荷物をのせて走ると考えると、

こぐときの負担がいかに少なくなるか分かってもらえると思います。

通学距離が長めで、坂道が多い地域ほど売れてるみたい。

通学が少しでも楽になれば、勉強にも身が入るようになるかも!?

 
>>詳細はこちらから

 

大学生の通学用クロスバイク【cyma primerは2万円台で買えるコスパが人気】<キャンペーン中>

大学生の通学用クロスバイク

大学生でクロスバイクに乗ってる人が最近増えてますねえ。

安くていいクロスバイクが増えてるから、学生さんも手が出しやすいのかも。

私のいとこは、毎日クロスバイクで1時間かけて大学に通ってます。

バイトに行くのも全部クロスバイク。

電車を使うことはほとんどないんですって。

貴重なバイト代を交通費に使ってしまうのがもったいないって言ってました^^;

定期代で年間10万円近く出すぐらいなら、クロスバイクのほうが確かにお得かも。

いとこはcyma primerというクロスバイクに乗ってます。

安いって言ってたけど、軽いしスピードも出るし頑丈なんですよねえ。

アルミフレームのクロスバイクで、

この値段はなかなか他にないと思います。

前カゴはついてませんが、不便は感じないんですって。

部活の道具は部室にロッカーがあるし、毎日の講義の荷物はリュックに入る程度。

cyma primerはタイヤが他のクロスバイクと違っていて、

街乗りするならこっちのタイヤのほうが乗り心地がいいんです。

 
>>詳細はこちらから

 

評判の良い高校通学用自転車【ペンタス サカモトテクノ】<高品質タイヤ>

評判がいい高校通学自転車ペンタス

通学用の自転車を探している人が増える時期なので、

今評判が良い自転車を探してきました。

今回は、サカモトテクノの自転車ペンタスです。

どんなところが評判が良いのかご紹介します。

タイヤの質がいい

ペンタス、デザインはオーソドックスなタイプですねえ。

実物を見ると写真よりも艶があって高級感があるんですが、目立つ自転車ではないです。

親目線で評判がいいのは、タイヤの質がいいところだと思います。

耐摩耗タイヤで、すり減りにくい良いタイヤです。

自転車ペンタスのタイヤ

毎日自転車に乗っていると、タイヤにも負担がかかります。

自転車のタイヤはある日突然グリップが弱くなるので、転倒して初めて劣化に気づくんですよねえ。

特に、坂道をハイスピードで走っちゃう高校生にはタイヤの劣化は文字通り命取り。

命を乗せるタイヤだけはきっちりしておきたいです。

安物のママチャリではこのタイヤは装着できない。

もし、高校生活中にタイヤが劣化して事故を起こしたら…

危機意識が高い人は必ずタイヤの質を気にします。

高校生にはオートライトは必須

これは個人的な感想ですが、

高校生の通学自転車ではオートライトが必須だと思います。

高校生って、自転車に乗っている自分が車から見えにくいってことが分かってません。

オートライトにしとかないと、面倒くさいからって点灯しない子も多いんですよ。

特に、夕方の薄暗い時間帯。

部活終わりで疲れていて注意力が散漫になってるのに、

ライトまでつけなかったら車にぶつけてくれって言ってるようなものです。

ペンタスもオートライトなんですが、

3灯LEDオートライトという珍しいライトがついてます。

ペンタスのライト

3つのライトで、近くと遠く、そして横に広く照らせる設計。

ペダルが重くなることもないし、明るさではトップクラスのライトを使ってました。

見た目も大事

 

外出した時、高校生の自転車をよく見てみると

ハンドルが錆びてるのに乗ってることが多いです。

買うときって見た目を気にするのに、

乗り始めたら気にしないっていうのもおかしな話ですよねえ。

ハンドルやカゴはステンレス製で錆びにくいほうが綺麗なまま乗れます。

ペンタスはステンレス製使ってました。

あと、ペンタスはサドルがオシャレなポイント。

ブレーキも静かでいいんですが、これは乗ってみてからのお楽しみ。

このサドル、実物を見ると写真よりもかっこよくてニヤニヤしちゃうんです♪

 
>>さらに詳細はこちらから